おすすめ! パンプキンOFFTIME
掲載日:2019/06/03 本情報は掲載日時点の情報となります。予めご了承ください。

夏の余暇におすすめしたい時間活用術
出勤前・退社後 有意義な過ごし方

普段何気なく過ごしている、出勤前や退社後の時間を今年の夏は有意義に過ごしてみませんか?
皆さんの勤務スタイルに合わせて選べる内容を厳選してご紹介。
ひとりではじめられるものはもちろん、友人同士で、家族で楽しめる内容をピックアップしました。

出勤前の時間を有効活用!

朝の時間を利用して、趣味や勉強、運動などの活動に充てる「朝活」が流行中。
朝活をはじめると、生活リズムが整う、
出会いや知識が増えるなどのメリットも期待できます。
朝活以外にも出勤前に取り組めそうな内容もあります。


自宅で「マインドフルネス」に挑戦
Google社も採用するなど、様々な分野で注目されている「マインドフルネス」。
マインドフルネスとは、「自分自身の精神状態に深く意識を向けること。
またそのために行われる瞑想」のこと。瞑想なら自宅はもちろん、
いつでもどこでも気軽にはじめられます。まず、姿勢を正し、
「呼吸」に意識を向けるだけ。集中力が高まる、ストレスが解消される、
よく眠れるようになるなどの効果が期待できるそうです。


朝の教室で「英会話」や「セミナー」に参加
英会話は、チェーン展開している英会話教室が全国に点在しており、
7時からオープンしている教室もあるため、
出勤前の時間を有効活用するのにうってつけ。
2020年に開催される東京オリンピックに向けて
今からトライするのもよさそうです。また、朝活ブームによって
お金やビジネス、健康や自己啓発などさまざまな分野のセミナーが早朝から開催されています。
興味を持ったセミナーから申し込んでみてはいかがでしょうか。


公園で「ラジオ体操」や「ヨガ」にトライして汗を流す
朝活の代表格といえば老若男女問わず親しまれているラジオ体操。
近所の公園で早朝に開催されている場合が多いようです。
続けることで、本来人間がもっている機能をもとの状態に戻し、
維持するなどうれしい効果もあります。
2000年代の前半にブームとなったヨガですが、いまや定着し、
そこかしこの公園で青空ヨガ教室が行われています。
「青空ヨガ」と検索するとたくさんの情報をゲットできるので、
ぜひ探してみてください。


お寺で「写経」に挑戦し脳を活性化
写経とは、仏教のお経を書き写すことで、
般若心経というお経を書くのが一般的。
その理由は、約300字の般若心経を約1時間で書けるから。
写経は日本各地のお寺でたくさん開かれており、
お坊さんに直接教えてもらうことができるうえ、
写経のための道具が用意されていることも多く、
正座が苦手な方や足が悪い方のためにイスでの写経体験も可能だそう。
費用はさまざまですが1,000円から2,000円が相場のようです。

退社後の時間を有効活用!

1日フルに休みをとることは難しいけれど、退社後の午後から、夕方から、
または、お子さんが帰宅する前の数時間を友人同士で楽しい時間を過ごしたい!
そんな方々に向けておすすめの過ごし方を紹介します。


「ホタル観賞」で幻想的な雰囲気を味わう
豊かな緑ときれいな水辺に生息し、やわらかい光を放つホタルが、
ゆったりとした曲線を描きながら夜に舞う光景は
とってもロマンチックです。見られる時期は、
北海道は7月中旬から8月上旬にかけて、
その他の地域は6月から7月にかけて。元気に飛び回る時間は、
日没後の約1時間から2時間にかけて。「ホタル観賞スポット」と検索すると、
ホタルを見られる場所が探せますよ。


クッキングスタジオからサロネーゼ系までいろいろ選べる!「料理教室」
料理教室といえば全国展開しているクッキングスタジオで、
料理を基本から学び、パンやケーキなどさまざまな料理を基礎から
しっかり身につけていくクッキングスクールが定番ですが、
最近では雑誌が主催するお料理教室や、個人宅で行われるサロネーゼ系の教室まで、
さまざまなタイプが存在しています。なかでも2020年に向け注目されているのが、
世界の各国の家庭料理を学べる「ニキズキッチン」。
ほとんどの場合、日本語で講義が行われますが
中には先生と英語でコミュニケーションをとりながら調理を手伝う教室もあり、
日常生活で使える『活きた』英語を学べるクッキングスクールもあります。


「ナイトサファリ」で動物の様子を観察する
夏の風物詩として定着しつつある「ナイトサファリ」。夏休み期間中に、
アウトドアアクティビティとして全国各地の動物園や
サファリパークで開催されています。昼とは違う、
夜行性動物たちの迫力ある姿を観察できます。
特に夜行性のライオンやトラたちの迫力のある姿や
幻想的な園内のライトアップなど、貴重な体験ができそうです。


「マラソン」の後に飲むビールは最高!
気軽にはじめられる運動としてまず頭に思い浮かぶマラソン。
健康維持やダイエット、気分転換にもってこいですが、
夏の昼間に走るのは熱中症などの危険があるため避けたほうがよさそう。
そこでおすすめなのは日が沈んだ夕方以降です。
マラソンコースが設けられた広い公園ならトイレや水飲み場もあるので快適に走れそうです。


女性の間でもブームに!「サウナ」
昔から定着しているサウナ文化ですが、
最近ではフィンランドのサウナが体験できるイベントが行われたり、
機材を川辺などに運んで野外で入る「テントサウナ」が
若者を中心に親しまれているほか、9月にはサウナのドキュメンタリー映画が上映されるなど
空前のサウナブームが到来してます。女性専用の施設も続々とオープンするなど、
もはや男性向けの娯楽の域を超えました。サウナは銭湯に併設されている場合がほとんどで、
気軽に入ることができます。スーパー銭湯の中にあるサウナでは、
熱した石に水をかけて蒸気を発生させる「ロウリュ」や、
スタッフがタオルを振り回して熱風を広める「アウフグース」など、
イベント性のある施設が注目されています。サウナは短時間にリフレッシュできるのも魅力で、 家事や仕事に忙しい女性におすすめです。

ゆっくり起きても楽しい休日になる!

1日の休日でも、朝はゆっくり起きてブランチをしてから出かけたい、
そんな方々にとっても夏を満喫できるおすすめのツアーや、
遊べる場所をご提案。友達同士、家族、ひとりでも存分に楽しめます。


11時30分出発のはとバスツアーで東京を観光!
東京の二大タワー(東京スカイツリー&東京タワー)に昇る他にも
皇居や国会議事堂、歌舞伎座などを通り、浅草観音と仲見世を自由に散策。
11時30分出発なのに、東京の観光スポットをたっぷり巡ります。
昼食は、遅めの13時30分頃から東京ドームホテル「リラッサ」での
和洋中ブッフェが堪能できます。
<基本情報>
ツアー名 東京二大タワー競演(東京スカイツリー(R)&東京タワー)
料金(大人) 9,600円(税込)
URL https://www.hatobus.co.jp
※「東京二大タワー競演」と検索してください。
電話 03-3761-1100(8:00~20:00/年中無休)


短時間で自然と一体感を味わえる トロッコ列車
山陰本線の旧線を活用した観光列車「嵯峨野トロッコ列車」。
トロッコ嵯峨駅からトロッコ亀岡駅までを約25分で結び、
セミ時雨と川のせせらぎの美しさを感じられます。夏の時期、
特におすすめなのは風が吹き抜けるオープン車両「ザ・リッチ号」です。
滝を通ったり、川辺で遊ぶ水鳥を見られたり、自然との一体感が味わえます。
9時~16時の間、1時間に1本往復できるスケジュールになっています(臨時列車の運行有)。
<基本情報>
問合せ先 嵯峨野観光鉄道(株)
電話 075-861-7444(自動音声案内)
URL  https://www.sagano-kanko.co.jp


夏をのりきれ!松阪牛&ビアクルーズ
浅草「一頭買焼肉 玄」では
松阪牛の5種盛り合わせを召し上がっていただきます。こだわりの味をご堪能ください。
浅草観音と仲見世を散策した後は優雅にビアクルーズ!
なんと生ビール&ソフトドリンクは飲み放題!
「シンフォニークルーズ」で東京湾の夕焼けの景色、東京の街をご覧ください。
<基本情報>
ツアー名 夏をのりきれ!松阪牛&ビアクルーズ
料金(大人) 10,800円(税込)
URL https://www.hatobus.co.jp 
※「夏をのりきれ!松阪牛&ビアクルーズ」と検索してください。
電話 03-3761-1100(8:00~20:00/年中無休)