おすすめ! パンプキンOFFTIME
掲載日:2020/03/13 本情報は掲載日時点の情報となります。予めご了承ください。

全国に点在する 春の絶景スポット
この時期にしか見られない!

縦長の日本は、春と言っても美しい花々が咲き乱れる地域もあれば、雪が解け切らず深くつもっている地域もありさまざま。
春の訪れを感じていただける、この時期にしか見られない絶景スポットを紹介します。ポカポカ陽気に誘われて出かける足取りも軽くなりそうです。

東京 国営昭和記念公園

春に咲く花々を愛でるのにピッタリ
東京 国営昭和記念公園

春の訪れとともに桜が開花します。
それに続くように22万球のチューリップ、菜の花、ムラサキハナナ、アイスランドポピー、ネモフィラ、シャーレーポピーと花々の開花リレーがスタート。
フラワーフェスティバルが3月下旬から5月下旬にかけて行われます。

見頃:3月下旬から5月下旬

岩手・ 秋田 八幡平ドラゴンアイ

鏡沼が雪解け時に見せる奇跡
岩手・ 秋田 八幡平ドラゴンアイ

通称・八幡平ドラゴンアイは、岩手と秋田にまたがる八幡平の山頂付近にある鏡沼で見られる現象です。冬季期間、雪で隠れていた鏡沼に雪解け水が流れ込み沼の縁から次第に湖面が出現。中央部だけに雪が残り、龍の眼のように見えることからこう呼ばれています。

見頃:5月下旬から6月上旬

富山 雪の大谷ウォーク (立山黒部アルペンルート)

青と白のコントラストが美しい
富山 雪の大谷ウォーク (立山黒部アルペンルート)

標高2,450mの立山室堂平は豪雪地帯で、特に室堂付近の「大谷」は、吹きだまりになっているため深さは20mを超えることも。
除雪してできる巨大な雪の壁「雪の大谷」では、間近に見て、触れられる春から初夏限定のイベントが開催されます。

見頃:4月中旬~6月中旬

群馬 奥四万湖

晴天で湖面に日が射す午前中が◎
群馬 奥四万湖

地元の人々の間では、“ 四万ブルー”と呼ばれ親しまれている奥四万湖。
四万ブルーになる理由は、透明度が高いので青い光が奥底まで届き赤い光が吸収されて青くなるなど、諸説あります。特に青がキレイに見えるのは、冬から春にかけてです。

見頃:3月上旬の午前中

栃木 あしかがフラワーパーク

世界からも注目を集める 藤の花の名所
栃木 あしかがフラワーパーク

地元の人々の間では、“ 四万ブルー”と呼ばれ親しまれている奥四万湖。
四万ブルーになる理由は、透明度が高いので青い光が奥底まで届き赤い光が吸収されて青くなるなど、諸説あります。特に青がキレイに見えるのは、冬から春にかけてです。

見頃:4月中旬~5月中旬

奈良 みたらい渓谷

エメラルドグリーンに輝く神秘的な淵
奈良 みたらい渓谷

みたらい渓谷は、大小様々な滝や底まで透けて見える清流が流れています。急な上り坂や、足がすくみそうな吊り橋がかかっていますが、よく整備されていてとても歩きやすいです。
新緑がきらきら輝く春は、エメラルドグリーンがより美しく感じられます。

見頃:4月~5月

高知 北川村「モネの庭」マルモッタン

フランスより正式に名称を頂いた唯一の場所
高知 北川村「モネの庭」マルモッタン

色とりどりで目にも鮮やかな花の庭、さまざまな色彩のスイレンが水面に咲き、周囲には藤や柳、桜が配された水の庭、地中海をイ メージしてつくられて4月にリニューアルオープンする光の庭など、さまざまな庭を観賞できます。

見頃:3月上旬~

北海道 釧路湿原国立公園

春はウグイスの鳴き声が聞こえる
北海道 釧路湿原国立公園

多くの展望台から見られる釧路川ですが、春はカヌーでの川下りするのがおすすめ。
芽吹きにはまだ早く、すすきの姿を多くみかける4月は、釧路川本流に雪解け水が注ぎ込み水位の上昇により目線が高くなり、より遠くまで景色が楽しめます。

見頃:4月下旬から5月上旬