掲載日:2021/03/18 本情報は掲載日時点の情報となります。予めご了承ください。

春の和菓子で花より団子を満喫!
見て食べて楽しむ

四季折々の様子をあらわし、限られた時期にしか食べることができない和菓子。
春になると桜を模した目にも鮮やかな和菓子が店頭に並びます。

今回は視覚的な美しさとほんのり優しい甘さで人々を魅了する和菓子をご紹介。
レシピもあるのでステイホーム中に作ってみてくださいね。

長命寺

桜餅は、大きく分けて2種類あり、関東では“長命寺”、関西では“道明寺”と呼ばれています。
関東風の桜餅は東京にある長命寺のそばを流れる隅田川に咲く桜の葉を使用したことが名前の由来。
白玉粉を使用している桜色のクレープ生地はもちっとした食感が特徴です。


お家で作ってみよう!

材料(8個分)

桜の葉の塩漬け:8枚
こしあん(市販品):160g
白玉粉:14g
水:120ml
小麦粉:60g
食紅:少々
油:小さじ 1


作り方

下準備:桜の葉の塩漬けの塩抜きをします。水に5分程度浸したら、水からあげキッチンペーパーで水気をふきとります。こしあんは20gずつわけて俵型に丸めておく。

  • ❶ 白玉粉をボウルに入れ、ちょっとずつ水を加えながらダマにならないように溶かします。
  • ❷ に砂糖、ふるった小麦粉をボウルに入れ、泡立て器でまぜてザルでこしてラップをして冷蔵庫で 30分~1時間程度ねかせます
  • ❸ 少量の水(分量外)に食紅を入れて溶き、濃い桜の花ビラの色になるくらいに調整します。 焼くと色が若干濃くなります。
  • ❹ フライパンにサラダ油を薄くひき弱火にかけ、を1/8量ずつ小判型に広げて焼きます。
  • ❺ が透き通ってきたら、裏返してサッと焼きます。
  • ❻ 荒熱がとれたら俵型に丸めたこしあんをのせて巻き桜の葉で包んだら完成。

草餅

草の香りには邪気をはらう力があると信じられ、餅に草を練りこんで作られた草餅。
中に餡が入ったもの以外にも、餡を入れず上にきな粉や餡をまぶして食べる草餅も多いです。

うぐいす餅

時間がたっても硬くならず、もちっとした食感が特徴の求肥(ぎゅうひ)で餡を包んでいます。
豊臣秀吉が名付け親とも言われており、うぐいすの姿や羽色を表現している和菓子です。

いちご大福

中の餡が赤い小豆餡だったり、白餡を使っていたり、餡なしで苺のみが入っていたりと多様性に富むいちご大福。
冬から春にかけての出回るいちごを使っているため季節限定で店頭に並びます。

かしわ餅

柏の葉で餅が包まれ、男の子のすこやかな成長を願って端午の節句に食べるかしわ餅。
柏の葉は、新芽が出てから古い葉が落ちることから家系が絶えない縁起ものとして広まりました。

3色団子

3色に込められた意味は諸説ありピンクは春、白は冬、緑は夏を表現。
秋がないのは“飽きない”と“商い”を掛け合わせ“たくさん食べても飽きない、商売繁盛”を願ったお店のユーモアが込められているとか。
ほかにも、ピンクが桜、白が白酒(祝いの席で飲む酒)、緑がよもぎと3色で春をあらわすこともあります。


お家で作ってみよう!

材料(4本分)

上新粉:120g
砂糖:50g
熱湯:160ml
抹茶パウダー:小さじ1程度
いちごジャム:30g~お好みで


作り方

  • ❶ 耐熱ボウルに上新粉、砂糖、熱湯を入れて耳たぶ程度のかたさになるようにまぜます。
  • ❷ を3等分にして、ひとつは抹茶パウダー、ひとつはいちごジャムをそれぞれまぜ、ひとつはそのままにします。
  • ❸ 4個ずつ丸めて串に刺して完成。串に刺さず3色の団子をお皿に盛ってもかわいいです。

道明寺

お湯や水に浸せばすぐに食べられる道明寺粉を使って作る道明寺は備蓄用の食糧として重宝されました。
それを道明寺というお寺で作っていたことから命名されました。
お米の食感が残るつぶつぶとした皮が特徴です。


お家で作ってみよう!

材料(5個)

桜の葉の塩漬け:5枚
こしあん(市販品):75g
水:100cc
砂糖:17g
食紅:少々
道明寺粉:50g


作り方

下準備:桜の葉の塩漬けの塩抜きをします。水に5分程度浸したら、水からあげキッチンペーパーで水気をふきとります。こしあんは15gづつ丸めておく。

  • ❶ 鍋に水、砂糖、少量の水(分量外)に入れて溶いた食紅を入れて沸騰させます。煮立ったら道明寺粉を入れ、弱火にして馴染ませたら火から鍋をおろします。
  • ❷ 鍋に蓋をして15分程度蒸らし、上下をひっくり返したらさらに15分程度おきます。
  • ❸ 丸めたあんをで包み、桜の葉で巻いたら完成。