おすすめ! パンプキンOFFTIME
掲載日:2022/06/06 本情報は掲載日時点の情報となります。予めご了承ください。

鍾乳洞を探検しよう!
夏の暑さをクールダウン♪

今年の夏も猛暑が予想されていますので、大自然へ足を運び、涼しい場所でクールダウンしてみませんか?

編集部のおすすめスポットは、全国各地に点在する鍾乳洞です。年間通して温度が一定で夏はとても涼しく感じられます。
感染症対策も万全なので密になる心配もありません。

※おでかけの際は最新情報を確認してください。

北海道:当麻鐘乳洞

1961年に北海道天然記念物に指定された洞内には、約1億5,000万年前から長い年月をかけてつくられた美しい鍾乳石が見られます。世界的に珍しいマカロニ鍾乳石という太さ5mmほどのパイプ状の鍾乳管が見ものです。

住所:上川郡当麻町開明4区
電話番号:0166-84-3719
お休み:無休
営業時間:9:00〜17:00
料金:高校生以上600円、小中学生400円、小学生未満無料

岩手県:滝観洞(ろうかんどう)

大理石からなる鍾乳洞。一般公開されているのは全長880m、ドーム状になっている最奥部には落差29mの天の岩戸の滝がお目見えします。足下や壁にはかつて海底だったことを証明する海洋生物の化石が見られます。

住所:気仙郡住田町上有住字土倉298-81
電話番号:0192-48-2756
お休み:年末年始
営業時間:8:30〜16:30(4月〜10月、受付は16:00まで)
料金:大人1,100円、子ども500円(未就学児は無料)

栃木県:宇津野洞窟

鍾乳洞や石筍(せきじゅん)が見られる、総延長約100mの洞窟。約2億5000万年前に形成された石灰岩、ドロマイトを主とした地 層が30㎞、直径8㎞に分布しており、鍾乳石筍の神秘を感じられるスポット。無料で入れるのも魅力です。

住所:佐野市会沢町1074
電話番号:0283-27-3011(佐野市観光推進課)
お休み:月曜日、年末年始
営業時間:9:00~16:00
料金:無料

東京都:大岳鍾乳洞

大岳山麓標高520mにある東京都天然記念物に指定されている鍾乳洞。1961年に発見、1962年に手掘りで人が入れるように開発しました。高低差がありとても狭い箇所もあるためヘルメット(貸出)は必須。冒険気分を味わえます。

住所:あきる野市養沢1587
電話番号:042-596-4201
お休み:木曜日(祝日の場合は営業)
営業時間:9:00~16:00(入場は16:00まで)
料金:大人600円、小中学生400円、幼児(3歳以上)200円※季節や天候などにより変更あり

岐阜県:飛騨大鍾乳洞

観光鍾乳洞の中で最も高い標高にある鍾乳洞で長さは約800m。見どころがたくさんあり、洞窟の中でも一番天井が高く最も美しいと言われている竜宮の夜景、左右にねじれながら垂れ下った鍾乳石ヘリクタイトなども見られます。

住所:高山市丹生川町日面1147
電話番号:0577-79-2211
お休み:無休
営業時間:8:00~17:00(閉館17:30)
料金:高校以上1,100円、小中学生550円

静岡県:竜ヶ岩洞(りゅうがしどう)

一般公開は400mの鍾乳洞。マリア観音や鳳凰の間、石柱の宝などと名付けられた鍾乳石が次々にあらわれます。施設内には無料で入れる「ようきた洞」があり、鍾乳洞から出てくる冷水に足をつけて楽しめます。

住所:浜松市北区引佐町田畑193
電話番号:053-543-0108
お休み:無休
営業時間:9:00~17:00
料金:大人1,000円、小中学生600円

奈良県:面不動鍾乳洞(めんふどうしょうにゅうどう)

鍾乳洞がある洞川地区は石灰岩を含む地帯。昔は集落がある場所全体が巨大な鍾乳洞で、崩れ落ちたものが面不動鍾乳洞になったのでは ないかと考察されています。「ドロッコ(有料)」という愛称のモノレールで向かうのも楽しみのひとつ。

住所:天川村洞川673-89
電話番号:0747-64-0352
お休み:年末年始
営業時間:夏期8:00~19:00(入場は18:30まで)
料金:中学生以上450円、子ども(4歳〜小学生)200円

日本三大鍾乳洞をご存知ですか?

日本各地に鍾乳洞は点在していますが、とくに美しいとされているところを日本三大鍾乳洞と呼び、多くの観光客が訪れています。弥生時代の遺跡が見つかった高知県香美市にある龍河洞(りゅうがどう)、国の天然記念物にも指定されている山口県美祢市にある秋芳洞(あきよしどう)、地底湖が美しい姿を見せる岩手県岩泉町にある龍泉洞(りゅうせんどう)です。

龍河洞(高知県)
総延長約4㎞のうち約1㎞が観光コースには「天降石」や「絞り幕」などユニークな名前が付けられた数々の鍾乳石があります。洞内からは数十点の弥生土器や炉跡などが発見されています。

秋芳洞(山口県)
鍾乳石が折り重なった「百枚皿」が見事な秋芳洞。日本最大級のカルスト台地・秋吉台の南麓にあり、観光コースは約1㎞続き、歴史の営みによって創り上げられた奇石の数々を観賞できます。

龍泉洞(岩手県)
幻想的なドラゴンブルーの「大地底湖」が美しい龍泉洞。洞内には水深が違う地底湖がいくつかあり、青のグラデが少しずつ異なりいずれも美しいブルーを堪能できます。5種類のコウモリも棲んでおり、天然記念物に指定されています。